キャッチコピーで感じとる

男が日傘をさすと幸せになれる理由


灼熱ニッポン、僕は自分で身をまもる

 

「自分の身は自分で護る」それは、現代社会を生き抜く鉄則です。

熱中症で倒れてしまうその前に『男だって』日傘あれば憂いなし。

 


”男女を問わず” 今日は日傘か帽子の着用を

 

「日傘か帽子を」は熱中症対策で聞き慣れたフレーズ。男女の区別はありません。

男だって日傘を選んでいいんです。颯爽と背筋をのばし、涼しい顔をして街歩き。

 


COOL BIZの切り札 モバイルシェード

 

環境省の資料をひもとくと、熱ストレス20%減は上着なし+日傘が条件。

だから男の日傘はクールビズの一環。

ヒートアイランドを生き抜くためのモバイル・シェードです。

 


見えない矢「熱ストレス」と闘う盾

 

目に見える雨と違い、熱の脅威はステルス。でも日傘の表を触ってみれば、その正体がわかります。

日傘は、空から迫り来る紫外線と熱ストレスを跳ね返す盾です。

 


”天候無敵の傘備え、勝つぞ!当世・夏の陣”

 

いのちに関わる酷暑の日。何も持たずに出掛けることは、丸腰でのぞむ夏の陣。

晴雨兼用・男の日傘、いつも鞄にしのばせて「天候無敵」の傘備え。

 


”酷暑の通勤、日傘で防ごうヒートショック”

 

炎天下から強冷空間へ、汗が冷えてヒートショック!急激な温度の変化は、寿命を縮めます。

男の日傘で真夏の暑さをマイルドに、今すぐ出来るヒートショック対策。

 


汗で髪型崩れない お洒落な人ほど日傘を選ぶ

 

日傘はセットが崩れないので、汗かき男子、おしゃれ男子にお薦め。

髪型が決まっていますから、出先で女性に「あら、それ日傘?素敵ですね!」ときっと褒められますよ。

 


21世紀のモテ傘男子、持ってる人はモテる人!

男の日傘、持っている人はモテる人。日本発、世界へ拡がる21世紀のモテ傘男子


”歩きスマホ より 歩き日傘 ”

いつも片手でスマホ持つ 歩行改め 日傘持つ。スマホも貴方も バッテリー長持ち。


大切な人をまもる傘、まずは「愛の傘下」から

大切な人に差し掛ける日傘は21世紀の騎士道。まずは愛の傘下からはじめましょう

みんなが健康で笑顔で幸せにつつまれますように

SNS 

▼男も日傘をさそう会

▼このページへの「いいね!」

▼代表理事 宮武和広Twitter

▼日本日傘男子公式Twitter

一般社団法人 日本日傘男子協会への お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

一般社団法人 日本日傘男子協会 事務局

557-0013

大阪府大阪市西成区天神ノ森1-19-11

心斎橋みや竹 kasaya.com 内  06-6656-1705


一般社団法人 日本日傘男子協会は、「日傘男子」を日本発の世界に誇れるカルチャーとして広く周知しその認知度を高め、男性用日傘とその愛好者を増やすことを目指し普及啓蒙活動を行うとともに、環境省、男性用日傘メーカー、ユーザー(日傘男子)、自治体、各地の普及活動団体、国内外のメディア等をはじめとする会員と相互に連携協力し、熱中症等の環境問題の解決の推進を図り、もって世界の人々の健康で豊かな社会の実現に貢献することを目的としています。