男の日傘 普及活動団体&関連情報サイト

沖縄日傘愛好会

渡口万年筆店の社長 渡口彦邦さんが会長の「沖縄日傘愛好会」は、男性用日傘普及のため2006年に結成された普及団体。那覇における日傘パレードや日傘貸し出しイヴェントを当初より実行され、「暑い」沖縄から「熱く」男性日傘文化の情報発信をしてこられました。

 

 男性の日傘 実行11か条」は必見です

 

渡口彦邦さんは、日傘男子界のレジェンドともいえる方で、当 日本日傘男子協会の理事を御願いしましたところ、快諾をいただきました。その優しく包み込むような語り口も渡口さんの魅力です。ご自身で男日傘の魅力を語られる すばらしい動画「男性も日傘を」をぜひご覧ください。

© 沖縄ケーブルネットワーク 沖縄日傘愛好会


埼玉日傘男子広め隊

出典:埼玉 日傘男子広め隊 公式Twitter
出典:埼玉 日傘男子広め隊 公式Twitter

2017年に埼玉県庁環境部の職員さんを中心に発足し、次第に活動範囲も拡げて、いまもっともエネルギッシュに「日傘男子」「男性用日傘」の普及を推進する活動団体です。特に、働き盛りの若い男性が日傘をもってあるく姿を全国にアピールしたことは、日傘が年配のものではなく幅広い年代にとって有効なツールであることを、ビジュアルとして強く印象づけました。

 

百貨店売り場や、他の自治体とも連携をとって、今後も更に活動を繰り広げられることでしょう。これからも期待しています。

出典:埼玉県公式ホームページより
出典:埼玉県公式ホームページより

男も日傘をさそう会

© 男も日傘をさそう会 

1999年から活動をつづける男性用日傘普及団体。主宰は当協会代表理事の宮武和広。日傘の似合う有名人コンテストなども開催、男の日傘と日傘男子に関する情報を随時アップデート。メディアの窓口として また情報発信サイトとして、積極的に普及活動をしています。2010年よりはフェイスブックでのユーザー参加もできるようになっています。

■男も日傘をさそう会 主催「日傘が似合う有名人」 インターネット投票

2003年実施 

  1. 菅原文太さん
  2. 阿部寛さん
  3. 田村正和さん

2010年実施 

  1. 堺雅人さん
  2. 福山雅治さん
  3. 佐々木蔵之介さん

2011年実施 

  1. 稲垣吾郎さん
  2. 松田翔太さん
  3. 向井理さん


通販生活(カタログハウス)

カタログハウス編集部の許諾をえて、表紙画像ならびに内容を掲載しております

出典: 通販生活 バックナンバー  (left to right 2013年夏号、2015年夏号、2019年夏号)

Special thanks to  カタログハウス編集部 矢島様

カタログハウス 通販生活さんは 表だって活動団体ということではありませんが、常に日傘男子の普及に多大な貢献をされてきたという意味で、非常に高く評価されると思います。特に2019年は「ついにやってきた、男も日傘をさす時代。(前回は)まったく売れなかったものだから、今年は販売中止にしちゃった。トホホ…お求めは百貨店へどうぞ」という自虐的とも思えるユニークなコピーでした。

 

ここまで通販生活さんが「男の日傘」にこだわる理由。それは会長さんが熱中症経験者で「男の日傘もっと流行って然るべし」と信念をもたれているからだそうです。更に2015年の特集のおりには「いとうせいこうさんの日傘の問合せが来たら、貴店を紹介してもよろしいですか」と打診をいただき、本当に『懐の深い』『視野のひろい』素敵な出版社さんだなと感じ入りました。

 

2019年号では「百貨店へどうぞ」と掲載されてましたが、きっと虎視眈々と2020年以降の商品戦略を練っておられるのかも知れませんね。どんな素敵な日傘が登場するのでしょう。そして、今度こそ通販生活さんのリベンジがかないますよう、祈っております。 


日傘日和(日本洋傘振興協議会特設サイト)

出典:日傘日和「日傘の知っ得。」
出典:日傘日和「日傘の知っ得。」

© 日本洋傘振興協議会

男女を問わず、日傘デビューをする人のための「お役立ち」知識が色々と掲載されています。運営はJUPA(日本洋傘振興協議会さん)

SNS 

▼男も日傘をさそう会

▼このページへの「いいね!」

▼代表理事 宮武和広Twitter

▼日本日傘男子公式Twitter

一般社団法人 日本日傘男子協会への お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

一般社団法人 日本日傘男子協会 事務局

557-0013

大阪府大阪市西成区天神ノ森1-19-11

心斎橋みや竹 kasaya.com 内  06-6656-1705


一般社団法人 日本日傘男子協会は、「日傘男子」を日本発の世界に誇れるカルチャーとして広く周知しその認知度を高め、男性用日傘とその愛好者を増やすことを目指し普及啓蒙活動を行うとともに、環境省、男性用日傘メーカー、ユーザー(日傘男子)、自治体、各地の普及活動団体、国内外のメディア等をはじめとする会員と相互に連携協力し、熱中症等の環境問題の解決の推進を図り、もって世界の人々の健康で豊かな社会の実現に貢献することを目的としています。