ご協力願い~未来へ繋げる「日傘」アンケート

ぜひ、ご協力をお願いいたします。

未来へ繋げる日傘アンケート

 

温暖化が顕著な現代、「日傘利用」の価値や社会的意義が 幅広い年齢層に認められてきています。

 

京都大学文学部の学生さんが、熱心に「日傘文化」と「日傘男子」に関する研究をされているのですが

コロナの影響で 実家(岡山県美作市)での論文作成となっていて、データ収集に非常に苦慮されています。

 

 

そこで日本日傘男子協会では、オンラインアンケートというかたちでご協力をさせて頂くことになりました。

 

簡単な設問が8つ、所要時間は約3分。男女を問わずご回答いただける内容です。

こういった研究が、よりよい未来の日傘社会へと繋がってまいりますので、ぜひご協力をお願いいたします。

 

⁂アンケート受付期間は2020年12月末までです⁂

京都大学における研究のためのアンケートです、ぜひご協力ください。

※なお、この調査の回答結果は大学の「日傘研究」の目的にのみ使用しますので、当協会や協賛企業では一切共有いたしません。

 

※※研究をされている学生さんとは、何度もZOOMを通じて話をしました。とても熱心で信頼できる方です。

 代表理事 宮武和広が身元(京大文学部在学)の保証をいたします。どうぞご安心ください。

 

※※※作成された論文をもとに、当協会が今後の活動指針として参考にさせていただくことはございます。

⁂アンケート受付期間は2020年12月末までです⁂

SNS 

▼男も日傘をさそう会

▼このページへの「いいね!」

▼代表理事 宮武和広Twitter

▼日本日傘男子公式Twitter

一般社団法人 日本日傘男子協会への お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

一般社団法人 日本日傘男子協会 事務局

557-0013

大阪府大阪市西成区天神ノ森1-19-11

心斎橋みや竹 kasaya.com 内  06-6656-1705


一般社団法人 日本日傘男子協会は、「日傘男子」を日本発の世界に誇れるカルチャーとして広く周知しその認知度を高め、男性用日傘とその愛好者を増やすことを目指し普及啓蒙活動を行うとともに、環境省、男性用日傘メーカー、ユーザー(日傘男子)、自治体、各地の普及活動団体、国内外のメディア等をはじめとする会員と相互に連携協力し、熱中症等の環境問題の解決の推進を図り、もって世界の人々の健康で豊かな社会の実現に貢献することを目的としています。