スペックで選ぶ男性用日傘

一般社団法人日本日傘男子協会としての最大の目的を一言で言うと、「男性が気軽に日傘を持てるようにすること」です。
今回のブログでは、日傘はいろいろあるけど、スペックに目を向けると意外と男性でも食いついてもらえるポイントがあるので、記事にしたいと思います。

紫外線カット率

まずは基本中の基本、紫外線カット率から。
紫外線カット率は高ければ高い方がいいです。紫外線カット率のスペック最高値は「99%以上」という数値になっています。
99%以上ならほぼ100%では?と思われるかもしれません。実質ほぼ100%なのですが、第三者検査機関のルールで、「99%以上」という表記が最高値となっています。
もし紫外線カット率を100%と表記している商品があれば、正規の検査機関で検査をしていないか、ハンディタイプの簡易な測定器で検査をしている可能性があります。
普通の黒い雨傘であれば、90%くらいは紫外線をカットすると言われております。個人的には90%以上紫外線をカットすれば十分と考えますが、より数値が高いものが安心だと思います。
日傘を購入の際には、紫外線カット率が正直に表記されているものを選ばれるとよいと思います。

遮光率

日焼けしたくない方は紫外線カット率を重視していただければよいですが、暑さ対策をしたいという方は遮光傘をおすすめいたします。
遮光率のスペックは数値が高ければ太陽光を遮る性能が高く、100%が最高値です。遮光率100%とは太陽光を全く通さない生地の状態をいいます。
太陽光を通さないことで、紫外線もカットし、太陽光熱もカットするすぐれものです。<紫外線90%カットの雨傘>と<遮光率100%の日傘>を猛暑時に比較してみると、涼しさが段違いに異なります。
日傘を購入の際には遮光率が表記されているものをおすすめします。ただデメリットもあり、遮光性能を上げていくと、どうしても生地が厚く重くなってしまう傾向にあります。

遮熱率

遮光100%という商品はかなり流通していますが、遮熱率を表示した商品は少ない状況です。
遮熱率とは2019年に制定された検査基準で、日傘を差すことによって、どれだけ熱を遮ることが出来るかを数値にしたものです。また遮熱率とは別に遮熱効果率という検査もあり、遮熱に関してはまだまだ業界内でポピュラーな検査となっておらず、検査方法もまちまちといった状況です。
とはいえ、メーカーによっては遮熱率を表記している製品もありますので、男性ならぜひ遮熱率にこだわっていただきたいです。なぜならば、やはりあまり汗をかきたくない、体温を上げたくないという思いもあると思います。男性向けは紫外線カットよりも遮熱効果のある日傘がよいと思います。
遮熱率試験は、65%以上であれば最高スペックとなっていますが、現時点私の知る限りでは65%以上の商品は存在せず、遮熱率50%以上あれば、十分高スペックな商品であると思います。
洋傘業界では35%以上あれば、遮熱効果があると訴求して良いことになっています。

遮熱率は色によって異なる

遮熱率について最近研究しているのですが、おもしろい結果が出でいます。何が面白いかというと、遮熱率が高いのは比較的薄めの色、淡い色ということがわかってきました。以前はメディアで「日傘は黒がいい」「黒は紫外線を吸収する」と言われ、日傘=黒というのが業界にも定着しています。
しかし私の研究では、遮熱に関して言うと黒などの濃色は熱を帯びやすく、オフ白などの淡色は熱をためにくいことが判明し、濃色と淡色では約15%遮熱率に差が出ます。これは「クルマのボディーカラーによって炎天下に駐車したときの室内温度差がある」と言われているのと同じような現象だと思います。遮光・遮熱生地の日傘は淡色系がおすすめです。

遮熱率49%
遮熱率49%
遮熱率45%
遮熱率45%
遮熱率42%
遮熱率42%
遮熱率33%
遮熱率33%

遮光日傘・遮熱日傘で注意してほしいこと

遮光日傘・遮熱日傘は熱中症を予防する効果はありますが、あくまでも補助的な商品で万能ではありません。適度な休憩・水分補給・日陰に入るなどして下さい。そして今年の夏はマスクとしなければならないシーンも多々あると思いますので、熱中症対策のマストアイテムのひとつとして、日傘をとらえていただきたいと思います。

 

また日傘使用時は頭部との距離を20cm程度、空間を取るようにして下さい。遮光日傘・遮熱日傘は生地に熱を帯びやすいので、日傘と頭部の距離が近いとかえって暑く感じる場合があります。

日傘はスペックを調べて選びましょう

いかがでしたでしょうか?日傘と一口で言ってもさまざまなスペックがあります。
好みのデザインだけでなく、ご自身の使い方に合ったスペックを持った日傘が必ずあるはずですから、よく調べてから購入しましょう。

SNS 

▼男も日傘をさそう会

▼このページへの「いいね!」

▼代表理事 宮武和広Twitter

▼日本日傘男子公式Twitter

一般社団法人 日本日傘男子協会への お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

一般社団法人 日本日傘男子協会 事務局

557-0013

大阪府大阪市西成区天神ノ森1-19-11

心斎橋みや竹 kasaya.com 内  06-6656-1705


一般社団法人 日本日傘男子協会は、「日傘男子」を日本発の世界に誇れるカルチャーとして広く周知しその認知度を高め、男性用日傘とその愛好者を増やすことを目指し普及啓蒙活動を行うとともに、環境省、男性用日傘メーカー、ユーザー(日傘男子)、自治体、各地の普及活動団体、国内外のメディア等をはじめとする会員と相互に連携協力し、熱中症等の環境問題の解決の推進を図り、もって世界の人々の健康で豊かな社会の実現に貢献することを目的としています。