【「日傘男子」その進化x深化】

【「日傘男子」その進化x深化】

 

2010年盛夏 「日傘男子」という言葉を誰が最初に世に放ったのか、それは不明です。

 

ただ男性用日傘という単なるカテゴリーだったものが、「社会現象」のステージに昇格したことはイノベーションでした。 

 

数多ある「〇〇男子」 ブームを過ぎて忘れ去られた言葉もある中で、なぜ「日傘男子」は生き残ってきたのでしょう。

「日傘男子」の生命力をささえる6つのポイント

(1)男たちの中に宿る日傘のDNA

私たちの祖父や曾祖父の時代までは、男も普通に日傘をさしていました。落語などにも男日傘はしばしば登場します。

 

決してキモいものではなく、富裕層のシンボリックなアイテムとされ、憧れの「男の持ち物」だったのです。

(※ヒストリーをご覧ください)

 

現代に新語として萌芽したものですが、歴史を遡って深く大地に根ざしていたことが、この言葉の強さです。

(2) 日仐+男子≒日本男子?

「日傘」と「日本」言葉の手触りはどこか似ていませんか。そして傘を略字にすると 日男子≒日本男子 と空目もします。

 

日本男子といえばオールドエイジは「日本男児」ヤングジェネレーションは「ナショナルチーム」を思い浮かべるでしょう。

 

「日傘」と「男子」が結合すると、さらにダンディズムが際立つ化合物になったというわけです。

 

 

(3) 現代用語~からの~新語・流行語

 知る人は少ないですが、「男の日傘」は 2008年現代用語の基礎知識にすでに登場していました。

 

その流れがあって2013年「日傘男子」新語流行語大賞ノミネートにつながります。

 

心に刺さる、選りすぐりの〇〇男子であることの証です。 

 

(4)「男らしさ」維新と フロンティア・スピリット

  

「男たるもの…」という堅苦しい縛り。 その息苦しさを打ちやぶる格好のテーマが「日傘男子」です。

 

発信力に長けた人たちが 自身の日傘体験をもとに、フロンティア・スピリットを発揮

 

ネット上を探すと、「日傘男子」を普及啓発する ブログやコラムが 実に沢山みあたります。

 

 

 

(5) 傘業界のニューオーシャン

 

閉塞感を感じていたのは、傘業界も同じです。自らの手で片隅においやってしまったカテゴリー

 

日傘男子」に見えてきた広大なマーケット・オーシャン 

 

生き残りをかけたプロモーションほど力強いものはありません。

 

 

 

(6) 温暖化の進行

 

これが一番大きな理由、その言葉を拡めることに社会的意義があったということです。

 

日傘男子元年である2010年から、地球をとりまく状況は年々さらに厳しくなっています。 

 

「いのちの傘」をさす動機付けとして、男性たちを救うことが日傘男子にこめられたミッションです。

 

 

 

【その勝負、原田大臣の一本勝ち!】

 原田大臣vs小池都知事 新旧環境相の熱中症対策バトル。日傘を一本持った原田さんに、勝利の旗があがりました。

 

小池さんが推奨したのは 傘(笠)だけ、でも原田さんが推奨したのは 傘 ではなく「日傘男子」だったからです。

 

「ライフスタイル」をまるごと提案したからこそ、潜在的日傘男子たちのマインドを鷲づかみにしたといえましょう。

 

小池都知事もクールビズの時のように スマート・プロテクション2020として打ち出せば良かったのかもしれませんね。

出典:熱中症対策に“日傘男子”推奨 大臣も自ら|日テレNEWS24
出典:熱中症対策に“日傘男子”推奨 大臣も自ら|日テレNEWS24
出典:熱中症対策に“日傘男子”推奨 大臣も自ら|日テレNEWS24
出典:熱中症対策に“日傘男子”推奨 大臣も自ら|日テレNEWS24

【日傘男子 の進化x深化は続きます】

 

「日よけ」から「社会現象」へ、「新語・流行語」から「ライフスタイル」に

見据える目的地(Destination)は「カルチャー」です。

 

日傘男子」を、日本発の文化(Japan Culture)として世界に発信していきたいのです。

 

日傘をさす、というのは日本独特の習慣といえます。

 

欧米などは日傘そのものに興味が薄く、紫外線の強い南半球では帽子が主流

 

男女を問わず日傘を愛好する。これは紛れもなく世界に誇るJapan Cultureです。

 

 

 

 

 

 

どうですか、これで当協会が「日本 紳士日傘 協会」でなく

「日本日傘男子 協会」とした理由が おわかりいただけたことでしょう。

 

 

今日の「日傘ばなし」はここまで、またお会いしましょう

  

ご質問やご要望、「頑張れ!」という激励等がございましたら、

下の問合わせフォームより お気軽にお寄せください。

 

(この記事は、日本日傘男子協会代表理事&週刊 日傘男子 編集長:宮武和広が担当しました)

SNS 

▼男も日傘をさそう会

▼このページへの「いいね!」

▼代表理事 宮武和広Twitter

▼日本日傘男子公式Twitter

一般社団法人 日本日傘男子協会への お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

一般社団法人 日本日傘男子協会 事務局

557-0013

大阪府大阪市西成区天神ノ森1-19-11

心斎橋みや竹 kasaya.com 内  06-6656-1705


一般社団法人 日本日傘男子協会は、「日傘男子」を日本発の世界に誇れるカルチャーとして広く周知しその認知度を高め、男性用日傘とその愛好者を増やすことを目指し普及啓蒙活動を行うとともに、環境省、男性用日傘メーカー、ユーザー(日傘男子)、自治体、各地の普及活動団体、国内外のメディア等をはじめとする会員と相互に連携協力し、熱中症等の環境問題の解決の推進を図り、もって世界の人々の健康で豊かな社会の実現に貢献することを目的としています。